通信制高校から有名大学へ

通信制高校と聞くとしばしば進学で不利なイメージが持たれがちですが、実際は決してそんな事はありません。また通信制高校の卒業生進路を調べてみると東大や早稲田、慶応などの一流大学に進学した人も少なくありません。むしろ通信制は大学進学を目指す上で通常の全日制には無い独自のメリットを持っています。


通信制高校なら自由に使える時間がある

全日制の学校では授業体型や在校生の数からなかなか一人一人に合わせた授業は難しく、全体で足並みをそろえて勉強を進めていく必要があります。その為どうしても時間の拘束が長く、また十分に理解している範囲に時間を取られる事もよくあります。しかし通信制高校ならスクーリングの頻度が全日制の学校と比べて少なく授業も殆どがレポート制で時間の融通が利く為、自由に使える時間を工面するのが楽という強みがあります。従って勉強ではなく大学入試の対策に時間を使う事も可能で、より通常の高校より入試に特化した勉強が可能です。もちろん苦手な分野に多く時間を費やす事も可能ですし、ひたすら過去問に励む事だって可能です。


試験以外のサポートも万全

また通信制高校には進学コースの設置など進学をサポートする体制も万全です。特に通常の学校では時間を割きにくい論文指導や面接の練習、AO入試対策にも通信制は柔軟に対応してくれる為進学のチャンスが広がります。また進路相談やカウンセリングにもノウハウがある為通信制はあなたの進学を多角的にサポートしてくれます。