通信制高校は単位制なのが魅力

一概に全ての通信制高校が該当する訳ではありませんが、通信制高校の卒業制度は通常の学年生ではなく単位制を採用している学校が殆どです。卒業に必要な単位は文部科学省が定める74単位で、もし全日制の高校に1年以上通った事がある方の場合該当する科目単位が免除されます。この単位制は通信制のカリキュラムと非常に相性のよい制度で、特に通信制においては大きなメリットが2つあります。


通信制高校にあった自由な授業構成が可能

単位制のポイントは、好きな順番で好きな量の授業を受ける事ができる点です。これは自宅からの自主的学習を主体とした通信制高校とは相性がよく、例えば1、2年の間に殆どの単位を取ってしまい3年目は進学対策に時間を使う事も可能です。また一科目落としてしまうと及第点に達していた他の科目も一緒にもう一年受け直さなくてはいけない学年制と異なり、単位制の場合は落としてしまった単位のみの再履修で済むのが魅力です。


単位制なら学費にも無駄がない

また通信制高校の多くは基本的な施設利用料などを除けば学費は1単位毎の料金となっています。その為もし単位を落としてしまった場合でも学費に無駄が生じる事は殆どありません。また必修単位以外の専門授業を受ける場合も、自分の好きな授業だけを選りすぐって受ける事ができるので本当に自分のしたい事だけに学費を割り当てる事が可能です。